« 「仕事ができるやつ」になる最短の道/安達裕哉 | トップページ | ユニクロ帝国の光と影/横田増生 »

2019年12月17日 (火)

集中力がある人のストレス管理のキホン/川野泰周

Photo_20191215073301

 ストレスに立ち向かうには、どうすればいいのでしょうか?それは、「ストレスはなくならない」という前提に立ち、ストレスを乗り越え、糧にする術を身につければいいのです。社会的に名を上げる人、一流のビジネスパーソンたちは、仕事で実績を出しているだけでなく、その成功の裏に発生した無数のストレスを的確に管理できたからこそ、一流になれたのです。

「ストレス」は、もともと物理学の言葉である。

まっすぐな物を曲げようとする際などに生じる物理的な力のことを、「ストレス」と言う。

それを人間に当てはめ、心に負荷がかかった状態を「ストレス」と呼んでいる。

つまり、ストレスとは、「理性」と「感情」がぶつかって、負荷がかかったときに生まれる精神的、心理的軋轢だ。

言い返したいのに言い返せない……。

やりたくないのにやるしかない……。

このように理性と感情が一致しないと、「葛藤」が生まれる。

ストレスは生きている限りなくならない。

だとすれば、「ストレスはなくならない」という前提に立ち、ストレスを乗り越え、糧にする術を身につけることだ。

なくすことはできないストレスだが、どんな状態になるとストレスが生じるのか、そのしくみを理解すれば、予防し対処することができる。

ストレスは、必ずしも悪いものではない。

例えば、ストレスはうまく使えば、マイナスではなくプラスに、飛躍的に成長することにつながる。

集中力を高め、心身を健康的に保てば、仕事だけでなく、人生そのものを心から楽しめるようになる。

人間は、自分のキャパシティよりも少しだけ上を目指し、常に少しだけ負荷がかかっているときに、フロー状態になると言われている。

ストレスがちょうど良くかかっている状態が人を一番成長させる。

成功している人たちはみな、自分自身の「キャパシティ」を理解し、適度なストレスの中でハイパフォーマンスを発揮している。

彼らはトラブルが起きると、焦ってパニックになるのではなく、「どうしたらこの状況を乗り越えられるか」ということに力を割く。

つまり、ストレスは悪と決めつけるのではなく、ストレスとうまく付き合う術を身につけること。

これが一番大切ということではないだろうか。

« 「仕事ができるやつ」になる最短の道/安達裕哉 | トップページ | ユニクロ帝国の光と影/横田増生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事