« 哲学/小川仁志 | トップページ | 海の歴史/ジャック・アタリ »

2020年1月22日 (水)

哲学的探究における自己変容の八段階/諸富祥彦

Photo_20200117051601

〈哲学する〉ことは、ものごとを「自分自身で」「できるだけ最初から」考えていくことである。これは、きわめて骨の折れる、しんどい作業である。しかし、哲学的な知識の断片をペダンティックに振り回すための〈思想〉ではなく、自己の生き方を根っこから組み立て直すに足るだけの力を持つ〈哲学〉を求める時、この「考えぬく力」は欠くことのできないものとなるのである。


本書で言う〈哲学〉とは、自分の「生き方」について自分自身で考えぬく方法のことである。

そうすることを通して、それまでの自分を破壊し、新しい自分へと自分を根本からつくり変えていく技術のことである。

〈哲学〉することにおいて人は、一般通念に捕らわれた自分の生き方・考え方を、あえて徹底的に疑い、その根拠にまで遡って問うていく。

なぜ人は自分の〈幸福〉を求めるものだし、また当然そうしてよいと言えるのか、と。

その理由をどこまでも突き詰めて問うていく。

真に納得のいく答えが得られるまで。

すると多くの場合、通常は「当たり前」と思われているそのような考えに、実は明白な根拠などないことに気づいていく。

だから〈哲学する〉人は、自ずとそうした一般通念から解放されてゆく。

と同時に、それまでとはまったく異なる新たな生き方を問い求め始めるのである。

〈哲学〉とは、「ものごとを、できるだけ最初から、自分の頭で考えぬく」思考の過程そのものに他ならない。

答えのない時代であるからこそ、時には〈哲学的に〉自分の生き方を考えてみるのもよいのかもしれない。

« 哲学/小川仁志 | トップページ | 海の歴史/ジャック・アタリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事