« 考えるヒント/小林秀雄 | トップページ | 小林陽太郎「性善説」の経営者/樺島弘文 »

2020年2月20日 (木)

バカ売れキーワード1000/堀田博和

Photo_20200215065801

 モノを売るすべての状況において、人の心の中で常に繰り返され、一瞬で勝敗が決まるこの過酷な戦いに生き残れるかどうかのカギを握るのが「売れるキーワード(言葉、メッセージ)」なのだ。

私が本書で紹介する1000のキーワード、

流行には左右されず、時代が変わっても、常に人の心を揺さぶり、惹きつけるような言葉だけを集めたと著者はいう。

人にモノやコトをより売りたいと思うのなら、これらの言葉の力を最大限に使いこなす必要がある。

言葉の重要性に気づき、実際に試行錯誤を重ねること。

その中で、言葉をうまく使いこなせるかどうかが、モノの売れ方につながる。

いかに、人は、一瞬で判断、選別をし、不要なものを削除するのか。

そして、その判断や選別は、たった一言のキーワードや言葉に大きく左右されている。

人は、ほんの一瞬、目に入る言葉や写真、イメージだけで、自分にとって価値があるのかどうかを、まずは判断する。

次に目に飛び込んできた数行のメッセージを読み、さらに自分に有益なものだけに情報を絞り込んでいく。

本書に載っている1000のキーワード、是非活用してゆきたい。

« 考えるヒント/小林秀雄 | トップページ | 小林陽太郎「性善説」の経営者/樺島弘文 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事