« 漫才入門/元祖爆笑王 | トップページ | ロジカル・プレゼンテーション/高田貴久 »

2020年3月 8日 (日)

「ピラミッド構造」で考える技術/中村俊介

Photo_20200303061301

【問題】「イチローのすごさ」について、わかりやすく簡潔に説明してください。口頭で30秒程度、文字数にすると200字程度です。ここでは口頭でブツブツつぶやいていただければ結構です。

上記の問題に対しての模範解答は次の通り。

イチロー選手のすごさについて、スポーツ選手に求められる「心・技・体」の3つの観点からお話ししたいと思います。

まずは「心」についてですが、たくさんの名言を残していますし、何よりオフの過ごし方まで徹底したストイックな姿勢が素晴らしいと思います。

次に「技」ですが、9年連続200本安打を続ける打撃技術と、8年連続30盗塁を果たしている走塁技術はいずれも歴史上の名プレーヤーの中でも特筆すべき素晴らしい技術といえます。

最後に「体」についてですが、強肩に代表される高い筋力と柔軟性を兼ね備えた素晴らしい身体能力を持っているそうです。

イチローのすごさというのは、「心・技・体」の全てを高いレベルで兼ね備えているということなのでしょう。

と、このようになる。

特に「心・技・体」という括りでピラミッド構造で話しているので、聞いていてわかりやすい。

上記解答は次の手順でまとめられている。

(1)「挙げる」

イチローのすごさを表す事実をたくさん挙げてみる。


(2)「くくる」

それらの事実を似たもの同士で3つくらいにくくれないかを考える(今回であれば「心・技・体」)

(3)「一言で言う」

くくった情報から「一言で言えること」を考える。

(4)「結論を導く」

(1)~(3)を繰り返し、全体でひとつの結論を導く。

といった手順だ。

これらの手順を踏まえて語ることによって、わかりやすく、説得力を持つことができる。

シンプルなやり方なので、実践してみたい。

« 漫才入門/元祖爆笑王 | トップページ | ロジカル・プレゼンテーション/高田貴久 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事