« LIFE SHIFT/リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット | トップページ | 残業学/中原淳 »

2020年3月30日 (月)

世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業/津田久資

Photo_20200325075101 「テーマをロジカルに追いつめて、 追いつめ抜いたその先に、 ロジックを超えて生まれてくるのが本物のアイディア」

ロジカルシンキングはどんな時に必要になるのだろう。

これまでやったことのある仕事をする場合にはロジカルシンキングはそんなには必要ない。

経験に基づいて、阿吽の呼吸でやればいい。

しかし、これまでやったことのない、はじめての仕事をするとき、論理思考が必要になる。

お客さま、上司、商品など、ビジネス環境が「変わる」とき、あるいは、それらを「変える」ときに、論理思考が必要になる。

論理的に考えるときに必要なのは、言葉を絞り込もうという意識だ。

言葉を絞り込んでいくには、どれだけ正確に言葉の意味を知っているか、つまり「語彙力」 がモノをいう。

言葉を知らなければ、絞り込みたくても絞り込めない。

境界線もつくれない。

言葉を絞り込めないというのは、言葉の組み立てもぼんやりとしてしまうということを意味する。

語彙力が不十分なままだと、論理思考力は向上していかない。

さらに、直感やひらめきを生み出すには、言葉の境界線を意識したうえで、横方向の組み立てだけでなく、縦方向の組み立ても考えることが重要になる。

横方向の組み立てである「筋道」。

縦方向の組み立てである「複層」。

つまり、論理には縦方向と横方向の2つの組み立てがあり、両者によって構造化される。

論理は、縦と横の「構造」と、組み立ての部品となる「言葉」に分けて考えればわかりやすい。

この両方が足し上げられて、はじめて「論理的だ」ということができる。

そしてその先にクリエイティブな思考が生まれる。

突き詰めると「ロジカルなくしてクリエイティブなし」と言っても過言ではないといえよう。

« LIFE SHIFT/リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット | トップページ | 残業学/中原淳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事