« 社長の時間術/小山昇 | トップページ | すごい!謝罪/ビジネスコミュニケーションコンサルティング »

2020年3月19日 (木)

世界へ挑め!/徳重徹

Photo_20200314081301  シリコンバレーでは、成功確率が六割を超えたら誰もが動き出す。どんなに情報を集め、計画の精度を上げたところで、社会の変化が激しい現代においては、それがそのとおりいくかどうかは、実際にやってみなければわからないからだ。

著者が立ち上げた、電動バイクのベンチャー、テラモーターズは2年で国内の販売台数1位に躍り出た。

リーディングカンパニーになり、東南アジアに進出。

短期間で大きな飛躍を遂げている。

著者はビジネスのスタイルをシリコンバレーで学んだという。

資本主義の原理というのは競争だ。

そして、コツコツまじめにやっているだけでは競争に勝てない。

必要なのはイノベーションであり、自由でクレイジーな発想ができる人だけが、イノベーションを起こすことができる。

今の時代、「スピード」は、「ヒト・モノ・カネ・情報」以上の経営資源になり得る可能性すらある。  

昔は熟慮することが良しとされたが、今は見切り発車の方が成功する確率は高い。

中小企業経営者も時代が変わったことをはっきりと認識するべきではないだろうか。

« 社長の時間術/小山昇 | トップページ | すごい!謝罪/ビジネスコミュニケーションコンサルティング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事