« カネと非情の法律講座/青木雄二 | トップページ | 伝えるための3つの習慣/いなますみかこ »

2020年5月14日 (木)

報連相のキホン/車塚元章

Photo_20200509080401

 実は、この「報連相しているつもり」という状況が、多くの職場で問題になっています。部下は報連相しているつもりでも、上司からしてみると報連相されたと思っていない。このようなミスマッチが現実に起こってしまっています。

報連相が本当に必要になってくるのは入社数年後だ。

ある程度、仕事ができるようになった段階で、どれだけ上司に報連相をし、フィードバックを得られるかどうかが、「上に行く人・行かない人」の大きな分かれ道になる。

では、どこでその違いが出るのか。

ポイントは「上司の立場に立って報連相をする」ことができるかどうかだ。

上司からの信頼が厚く、仕事を任せられている人は、いつも上司が求めているタイミング、内容で報連相ができている。

一方、報連相がうまくできない人は自分の立場から仕事を見ており、思い込みが強い。

上司から仕事を頼まれたときやトラブルが起きたとき、

細かなことまで報告する必要はない

人に相談しなくても、自分の力でなんとかできる

上司に悪い話はしたくない、後回しにしたい

と、自分の立場でしか仕事を見ていない。

報連相とは一方的ではなく、双方が理解することによって成り立つコミュニケーションだ。

報連相しなければいけない情報に対して、「いつ報連相するのか」を見極める力を持つことは、信頼される部下への近道といえよう。

当たり前のことだが、上司には多くの経験や実績がある。

その上司の経験や実績を、報連相によって「借りてくる」ことができる。

報連相の重要性を再認識すべきだろう。

« カネと非情の法律講座/青木雄二 | トップページ | 伝えるための3つの習慣/いなますみかこ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事