« ゴールデン・ブラッド /内藤了 | トップページ | 世界一受けたいお金の授業/和仁達也 »

2020年6月 9日 (火)

逆ザヤ社員が稼げる社員に変わる法/和仁達也

Photo_20200604084201

 「全員参加経営」とは、会社のビジョンと数字をガラス張り、つまり社員にオープンにして、全員参加型で経営をしていくやり方です。

昔から「自分の給料分は働け」とよく言われる。

営業社員に対しては自分の給料の3倍稼げといわれる。

「逆ザヤ社員」とはそれができていない社員のこと。

しかし、自分が逆ザヤ社員かどうかはなかなか自覚できないもの。

だからなかなか変わらない。

なぜこのようなことが起こるのか?

多くの人は、自分が日頃意識している【サイフ】の範囲内で発想する。

たとえば、サラリーマンの多くは、家庭の【サイフ】(すなわち生活費)に意識を向けている。

日頃、自分(もしくは配偶者)がやり繰りしているわけだから、生活に直結した数字として、実感を持って理解できる。

しかし、それより大きな【サイフ】である「会社の数字」には意識が向かない。

実感を持って理解することができない。

社員の意識を変えるには、「会社の数字」を自分事として受け止めるようにする必要がある。

ではそのためにはどうすればよいのか?

将来のビジョンを明確に描き、それを実現するために今何をすべきかを、未来からの逆算で考えること。

そして、その道のりを一歩一歩進んでいくための明確なプランを立て、「今やるべきこと」に集中すること。

社長の頭の中にある、漠然とした会社のビジョンや計画、経営の数字を、目に見える形でアウトプットすること。

そして、誰にでもわかる、わかりやすい方法で社員に伝えることである。

多くの会社では、いくらの売上アップが必要か?それはなぜ必要か?の2点が漠然としている。

そのため、社長や社員が目標に向かって本気で行動を起すきっかけがつかめない。

その結果、なかなか目標に焦点が定まらず、じわじわとジリ貧に向かっていく。

だからこそ、根拠のある目標が必要なのだ。

本書はその手法が分かりやすく書かれている。

特に中小企業の経営者はこの手法を身に付け実行することは必要なのではないだろうか。

« ゴールデン・ブラッド /内藤了 | トップページ | 世界一受けたいお金の授業/和仁達也 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

井上労務管理事務所

無料ブログはココログ