« アメリカ大統領制の現在/待鳥聡史 | トップページ | 韓国内なる分断/池畑修平 »

2020年7月13日 (月)

波に乗る力/武田双雲

Photo_20200708063201

 赤ちゃんは、つねに今を生きていて、ものごとをフラットに観ていて、だから疲れない。

夢や志を持つのはとても良いことだ。

だが、やり方によっては危険なことがある。

夢や志が実現した未来が素晴らしいと考える半面、まだ実現していない今は素晴らしくない、よくないという考え方に陥ってしまうことがある。

未来が自分をおとしめる。

大事なことは、夢や志というものが、とにかくいいもの、力を与えてくれるもの、幸せにつながるもの、という見方をしないこと。

危険性も忘れないようにしたほうがいい。

本書のタイトル、「波に乗る」とはどういうことか?

簡単に言うと、「いい機嫌」であり、「いい気分」であり、「いい感情」のこと。

それが「いい波」だ。

未来志向、未来に縛られた状態から脱して、今を生きる。

今、いい波に乗れるようになって、幸せになる。

そんな生き方を本書は提案している。

誰でも部分的にいい波に乗って、今を生きることはできる。

温泉につかって、「気持ちいいな~」と思っているとき。

おいしいものを食べているとき。

好きな作家の新作を、徹夜で夢中になって読んでいるとき。

お気に入りの自転車で走っているとき。

付き合い始めたばかりの恋人と過ごしているとき。

子どもを見守っているとき。

愛犬と遊んでいるとき。

映画館の暗闇のなかで、息を詰めてスクリーンを見つめているとき。

こんなときは、誰もが未来に縛られてなんかいない。

間違いなく、今を生きている。

いい波、いい感情、いい気分、いい機嫌に、上手に乗れている。

いま、この瞬間に生きる、これがいい波に乗るということ。

現代人が幸せになれないのは、達成にとらわれているからだといえるかもしれない。

競争に勝てば、何かを達成すれば、成功すれば、人から認められれば、評価を受ければ、夢が実現すれば……。

何かを獲得すれば幸せになれるという幻想にとらわれている。

だから、結果を求めて一所懸命仕事をがんばるというのは、どこかに無理がある。

大事なことは「今、この瞬間に生きる」ということ。

本書はそのことを教えてくれる。

« アメリカ大統領制の現在/待鳥聡史 | トップページ | 韓国内なる分断/池畑修平 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

井上労務管理事務所

無料ブログはココログ