« 韓国内なる分断/池畑修平 | トップページ | 国家を考えてみよう/橋本治 »

2020年7月15日 (水)

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」/上村紀夫

Photo_20200710080901

 マイナス感情の恐ろしいところは、個人レベルで蓄積するだけでなく、組織全体にも蓄積していくところです。

業種や業態等により、組織の病巣はそれぞれ異なる。

しかし、それらを生み出す原因は共通してる。

それは何か?

「マイナス感情の蓄積」である。

マイナス感情とは、端的に言えば「不満や不公平感」。

怖いのはこのマイナス感情は個人にとどまらず、放置していると伝染してしまうということ。

その意味でウイルスの感染に似ている。

マイナス感情の蓄積は次のようなメカニズムとなる。

まず、個人のココロにマイナス感情が生まれる(感染)

次に、マイナス感情が蓄積し、離職やメンタル不調などの症状が出る(発症)

最後に、周りのメンバーに影響し、組織全体にマイナス感情が蓄積する(伝染)

このような経路をたどる。

ただ、ウイルスと違うのは、放置していても決して治らず、ますます状況は悪くなるということ。

組織の病巣は、闇雲に施策を打っても切除が難しい。

組織の課題をどうにかしたいと手を打つ際には、その課題の表面的な部分だけに着目するのではなく、

第1に、組織が病んでいくそもそものメカニズムを理解し、

第2に、組織の「病巣」を切除する方法を定めていく、

この2つのフローを着実にこなすことが一番の近道と言える。

本書はその方法論について様々な事例が示されている。

これは非常に参考になる。

« 韓国内なる分断/池畑修平 | トップページ | 国家を考えてみよう/橋本治 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事