« なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか/野嶋剛 | トップページ | 行政学講義/金井利之 »

2020年8月 3日 (月)

伸びる新人は「これ」をやらない!/冨樫篤史、安藤広大

Photo_20200729080501

 すぐに決める、決めたらすぐやる、間違えたら修正して何回もやる――、とにかく実行すること。新人の皆さんにとって、PDCAサイクルでもっとも重要なのは「D」、すなわち実行であることを意識してください。

PDCAサイクルを回すことが大事だということはよく言われる。

ところが、新人のなかにはPDCAの最初の「P」、すなわちPLAN(計画)にどうしてもこだわってしまう人がときどきいる。

そうした新人は、計画することに精一杯で、時間だけが経過してしまう状況に陥りがち。

何しろ、まだまだ経験が少ないので、成功パターンも把握できていない。

ベテランの先輩社員なら一瞬で排除するような選択肢まであれこれと考慮し、心配し、結局は最低限の回数しか実行できずに終わるというパターンも多い。

新人のうちはそれでは成長できない。

失敗できるのは新人の特権だ。

また新人のうちは失敗しても大きな損害にならないような仕事が割り振られるもの。

なので、心配性な人も割り切って、あまり先回りして心配しないように意識し、とにかく実行と修正を繰り返すことを重視すること。

特に新人の頃は、まずは実行してみること。

そして、「あ! ここが間違っていた」とミスに気づいた場合は、スムーズに進んでいた場合とのギャップを明確にして、そのギャップを埋めていく作業を素早く繰り返す。

つまり、微修正を繰り返しつつ進むほうが、より早く正解に近づける。

成功に近づく一番簡単な方法は、まず自分の権限・責任の範囲内で決められることを決めて実行し、そのことで生じたギャップの認識をして修正する。

この作業を何度でも繰り返すこと。

これが、新人が確実に成功に近づく王道であり、これしか方法はないということさえできる。

新人は、どれだけ多くの失敗を経験できるかが「成長の幅」になる。

実行しないことこそが何より危険なこと。

新人は、自分が「これでいく」と決めたら、とにかく実行する。

そして、速やかに失敗するくらいでいい。

あれこれとリスクを考えて、何もせずに時間がすぎて成長が遅れてしまうことをこそおそれること。

おなじPDCAサイクルであっても、ベテランと新人とでは力を入れる部分が違うということは覚えておいてよいだろう。

« なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか/野嶋剛 | トップページ | 行政学講義/金井利之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事