« 楽しくなければ成果は出ない/田中マイミ | トップページ | 「民族」で読み解く世界史/宇山卓栄 »

2020年9月12日 (土)

ザッソウ 結果を出すチームの習慣/倉貫義人

Photo_20200907065901

 アイデアを生み出し、成果を上げて結果を出すために必要なのは、効率化だけを追求するのではなく、気軽に雑談と相談ができるチームでいることこそが重要

ザッソウとは、雑談と相談のこと。

日本の企業ではホウレンソウが大事とよく言われるが、著者はその前にザッソウが必要だいう。

今、企業は働き方改革という言葉に象徴されるように生産性をやっきになっている。

しかし、効率化を追求しすぎたことで、こうした問題が起こっている。

・会話する時間もなくて、チームがギスギスしてきた

・仕事の進め方を見直す機会や改善の気づきが減った

・成果ばかり気になって、助け合いができなくなった

・時間に余裕がないため、部下の相談に乗れていない

・アイデアが出なくなり、新しいことに挑戦していない

・人間関係が希薄になり、チームから活気がなくなった

・お客様からクレームがくるまで問題に気づけない

ザッソウというコンセプトがチームに浸透して習慣化すれば、確実に人間関係は変わる。

かつての日本企業は、仕事をして成果を上げるためだけの場所というよりも、仕事を通じて人間関係を構築する場でもあった。

終身雇用が前提の社会において、人生のうちの長い時間をすごすのであれば和気あいあいとした職場の方が良かったのだ。

それが社会の変化と組織の成熟とともに成果主義の時代へと変わる。

個人ごとの目標管理の制度が定められ、大量生産と分業化が進み、組織はどんどん縦割りになる。

個々人の役割は細分化され、厳密に定義された職務内容や社内規定の中で与えられた仕事に取り組むことが良しとされるようになった。

そのうえ、だんだんと社員旅行や運動会など社員同士が交流する機会も減ってきた。

それを変えるのがザッソウだと著者はいう。


ザッソウを取り入れることで、職場やチームがこんな風に変わる。

・お互いに助け合える信頼関係が構築される

・共通の価値観やカルチャーが醸成される

・メンバーのキャリアや将来への不安に対応できる

・素早いフィードバックで仕事の質と速度が向上する

・マニュアル化されにくい現場の暗黙知が共有される

・新しいアイデアが出てきて、挑戦に前向きになる

・自分たちで判断して、仕事を進められる社員が育つ

チームの仲間がどんな人たちなのか知らなければ、たとえ誰かが困っていても手を差し伸べることはない。

助けるにしてもメリット・デメリットで考えるようになる。

だからザッソウが必要。

ザッソウが浸透することにより、仲間の弱い部分を自分の強みで補い合えるようになる。

結果、より大きな成果を出すことができる。

弱みがあっても自分で補わないといけないなら、チームにいる意味がない。

確かにいまの企業、少し余裕がなくなってきているような気がする。

« 楽しくなければ成果は出ない/田中マイミ | トップページ | 「民族」で読み解く世界史/宇山卓栄 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事