« リーダーのためのフィードバックスキル/服部周作 | トップページ | 日本人は論理的でなくていい/山本尚 »

2020年10月20日 (火)

裸の資本論/村西とおる

Photo_20201015080701

 お気に入りの言葉があります。人はまた私のことを「全裸監督」と呼ぶのですが、私はその意味を、服を脱いでAVの監督をする男、との意味だけに受け取っていません。素っ裸の体一つの他に何も必要としない男、裸一つの無一文になっても決して失望せず、不屈の闘志をその心の奥に宿している男、と解釈しています。

村西とおるといえば、AV監督として一世を風靡した人。

貧乏な幼少時代を経験し、「あんな貧乏な暮らしはもう二度としたくない」の思いで必死で働く。

やがてダイヤモンド映像を創業し、時代の寵児に。

しかし、その会社は倒産し、借金50億円を背負うことに。

借り入れ直談判の場で右目から血が噴き出したエピソード。

債権者の一人から「ダムから跳び降りてくれ」と脅された体験。

裁判所から幾度も自己破産を進められるが、決して諦めず、見事に返済を果たす。

「おカネは使えばなくなりますが、めげない心はそうした経験を積み重ねる度にいくらでも大きく、豊かになるのです」という著者の言葉。

壮絶な人生を送った著者だからこそ言える言葉ではないだろうか。

« リーダーのためのフィードバックスキル/服部周作 | トップページ | 日本人は論理的でなくていい/山本尚 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事