« 敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント/イルセ・サン | トップページ | つい、「気にしすぎ」てしまう人へ/水島広子 »

2020年10月27日 (火)

「人生の勝率」の高め方/土井英司

Photo_20201022081101

 僕は、「流れに逆らうと、運が悪くなる」と思っています。
 時代の波に自分を合わせられるかどうか。合わせられる人は運が良くなると思いますね。時代に逆行したやり方で成功するのは難しいと思う。

人は、うまくいったことの理由を個人の能力、努力、頑張りに求めがちだ。

しかし、実際には、「選択した時点」で、結果の9割は決まっている。

正しいものを「選択する力」があれば、目的がキャリアであろうと、結婚であろうと、商売であろうとうまくいく。

望むものを手に入れたいのなら、「どこで戦うか」の選択が重要になる。

なぜなら、勝負の大半は、何を選んだかで決まってしまうから。

「選択する力」を身につけ、磨き上げることこそ、凡人が結果を出すための最良の方法だ。

ようするに、私たちの人生は、「私はどこにいるか」「誰と付き合うか」「どんな選択肢の中にいるか」で決まってしまうということ。

努力が報われないのは、「選択」が間違っているから。

努力の量や才能の問題ではなくて、ようするに、努力する場所や場面が違う、ということ。

選択において大切なのは、正しさよりも、速さだ。

正しいかわからなくても、ひとまず選択をする。

そして、間違いに気づいたら、やり直せばいい。

何でもいいから試してみて、ダメならすぐにやめる。

グダグダ続けると損が拡大する。

すぐに手を引けば、何をやっても小さな損失でとどまる。

また小さな失敗を繰り返すことによって、選択する力を養うことができる。

人生で成功したければ「選択する力」をつけるべき、というのが本書のメッセージだがその通りだと思う。

« 敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント/イルセ・サン | トップページ | つい、「気にしすぎ」てしまう人へ/水島広子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事