« 武器としての会計思考力/矢部謙介 | トップページ | 人生を変えるアウトプット術/千田琢哉 »

2020年11月25日 (水)

空想教室/植松努

Photo_20201120060901

 「違う」ということを楽しんでください。「違う」というのはすばらしいことなんです。

20人にも満たない町工場から、自家製のロケットを打ち上げるという経験をした著者。

その著者が、そこから見つけた、どんな夢でも実現させてしまう方法について語っている。

著者は夢とは「今できないことを、追いかけること」だという。

そして、誰かに「してもらおう」と思わず、まずは自分で考えて、自分でやってみること。

これは人が生きていく上でとっても大事なこと。 

自分が「できる」ようになれば、誰かに「してあげられる」ようになる。

お金の支出が減るだけではなく、それが仕事になるかもしれない。

人間にとって最もいいことは、「できなかったことが、できるようになること」。

そして、大事なのは「なんで失敗したんだろう」「だったら次はこうしてみよう」という言葉をかけ合うこと。

たったそれだけのことで、失敗は階段の一段となり、私たちを未来に運んでいってくれる。

失敗は無駄ではない。

〝せっかくしてしまった〟貴重なこと。

次をより良くするために必要なデータ。

だから自分が失敗したときも、誰かが失敗したときも、人を責めずに考えてみること。

「なんで、失敗したんだろう?」「だったら、次はどうすればいいんだろう?」と。

失敗は必要なことだ。

だから「失敗は許されない」なんていわないこと。

能力というものは、失敗するか成功するかの「経験」によって身につく。

「楽をする」ということは、つまり「その経験を避ける」ということ。

いやなことと出合ったらまず「なんでいやだと思うのかな?」と考える。

それが、人を助ける発明のきっかけになる。

いやな思いをしているのは、自分だけじゃない。

他にもいっぱい自分と同じように、いやな思いをしている人がいる。

だからまず自分を救うこと。

その方法が誰かを救う方法にもなる。

大事なことは「わからないこと」をそのままにしなければなんでもできる、ということ。

「わからない」というだけだから、わからない。

わからなかったら調べればいい。

ただそれだけでなんでもできる。

著者の言葉を聞いていると、何か気持ちが楽になる。

「夢」を持つことの大切さ、「天職」を持つことの大切さを教えてくれる。

« 武器としての会計思考力/矢部謙介 | トップページ | 人生を変えるアウトプット術/千田琢哉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事