« 「考えた人すごいわ」を考えたすごい人/岸本拓也 | トップページ | 人類の選択/佐藤優 »

2021年1月15日 (金)

読む本で、人生が変わる。/中谷彰宏

Photo_20210108080901

 成功する人と、なかなか成功できない人は、読んでいる本が違います。
 成功する人は、成功したから、その本を読んでいるのではありません。
 成功する前から、その本を読んでいたのです。
 その本を読んでいたから、成功する道に、進んだのです。

読書習慣をつけることで、読書運を上げることができる。

読書運が上がれば、いい本に当たる。

読書運のいい人は、いい本にめぐり合う。

「いい本にめぐり合う」→「人生がうまくまわる」→「また本を読みたくなる」という、いい流れに入っていく。

味わうこと、感じること、考えることが本の楽しみ。

味わって、感じて、考えたことは、覚えようとしなくても覚えられる。

本は「覚える」「暗記する」という読み方から、「味わう」「感じる」「考える」という読み方に変えた方がいい。

線を引くなら、自分と違う意見のところに引いた方がいい。

情報化社会は、自分と違う意見にきわめて弱くなっている。

デカルトは、人間の感情を「驚き」「愛」「憎しみ」「欲望」「喜び」「悲しみ」の6つに分類した。

最初に「驚き」が来ているのが面白い。

あらゆる感情の原点が「驚き」だ。

読書ノートに書くのは、自分が驚いたこと。

本を読むのは、旅行をしたり、絶景を見に行くのと同じ。

大切なのは、その瞬間を味わうこと。

本を読む目標は、心に残る1行に出会うこと。

勝負は、本を読んで心に残る1行があるかないか。

本は、最終的には行動につながらないと意味がない。

本は、究極、電話帳。

かけたい電話番号が見つかったら、電話をかけて終わる。

それ以上先は読む必要はない。

どんな本にも、「これは自分の仕事と同じだな」「待てよ。自分の仕事に置きかえて考えたら、こういうことだな」「ということは、これができるかな」と思える部分がある。

それが一番おいしいところ。

本は、デジャヴ。

会いたい人の本を読んでおくと、その思考回路が自分に入っていく。

結局、人間はそれまで読んできた本の集合体。

残念なことに、お金は本を読んでいない人から読んでいる人へ流れている。

本を読むことで、だまされない側にまわれる。

本を読むことのメリットは、自分が何を知っているかではなく、知らないことだらけだと気づくこと。

印象に残ったのは「本を読む目標は、心に残る1行に出会うこと」ということば。

確かに私自身、本を読んで心に残るフレーズに出会ったとき、得したと思うので、その通りだと思う。

« 「考えた人すごいわ」を考えたすごい人/岸本拓也 | トップページ | 人類の選択/佐藤優 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事