« 講座、イベントの作り方/牟田静香 | トップページ | 「考えた人すごいわ」を考えたすごい人/岸本拓也 »

2021年1月13日 (水)

「ひとり起業」の強化書/天田幸宏

Photo_20210106081301

 ドラッカーは『イノベーションと企業家精神』において、「企業家として成功するものは、その目的が金であれ、力であれ、あるいは好奇心であれ名声であれ、価値を創造し社会に貢献しようとする。その目指すものは大きい。すでに存在するものの修正や改善では満足しない」と述べています。

「ひとり起業」は人に雇われずに、自らで「事業」を行うことを指す。

「ひとり起業」の理想的な姿は、世の中のニーズをもとに新しい市場を創り出すというイメージ。

本書では「ひとり起業家による成功」を次のように定義する。

望む価格で買ってくれる顧客がいる商品やサービスの熱心なファンがいる。

ドラッカーは、「いわゆる、企業家と言われる人たちが失敗するのは、経営の基本と原則を知らないからだ」という意味のことを述べている。

逆にいえば、「経営の基本と原則」を習得すれば、成功の確率は高まり、失敗のリスクは減少するということ。

成功している起業家には事業の大小に関係なく、いくつか共通点がある。

①「強み」に基づいた事業を選択していること

②明確な「コンセプト」を打ち出していること

③変化する「顧客ニーズ」にきちんと応えていること

④「独自の市場」を築いて価格競争に巻き込まれないこと

⑤「理想の顧客」をつかんでいること

⑥顧客を巻き込んだ「コミュニティ」があること

⑦魅力あふれる「ストーリー」を語ること

まず最も大切なことは「強み」に基づいた事業を選択すること。

「強み=利益を生み出す源泉になるもの」と定義できる。

ドラッカーは「明らかになった強みに集中せよ」と述べている。

この「明らかになった」という部分がポイント。

残念なことに、成果をあげられない起業家の多くが「自分の強みが明らかになっていない状態」で事業を行っている。

ドラッカーは「成果は、有能さではなく市場におけるリーダーシップによってもたらされる」と述べている。

ここでいうリーダーシップとは、商品やサービスのリーダーシップのこと。

「強み」を明らかにするシンプルかつ最強の方法は、「顧客に聞く」こと。

確かに「強味」が思いこみになっているケースは多い。

自分の強みは何なのか?

「ひとり起業」はここからスタートすべきだろう。

« 講座、イベントの作り方/牟田静香 | トップページ | 「考えた人すごいわ」を考えたすごい人/岸本拓也 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事