« 経営者のノート/坂本光司 | トップページ | 9割の会社が人事評価制度で失敗する理由/森中謙介 »

2021年1月19日 (火)

才能は開ける/ロジャー・ハミルトン

Photo_20210112075301

 方向性を知るには、自分の現在地だけでなく、目的地もはっきりわかっていなければいけません。だからこそ明快な「フューチャービジョン」が必要です。

本書は、私たちがまだ知り得ていない才能に気づき、その才能に応じた方法で、経済的な自由を手にするために書かれた本。

才能にフォーカスを当てた「ウェルスダイナミクス」と、レベルを表す「ウェルススペクトル」という二つの指標を使って、富への三次元マップの進み方をご紹介している。

「ウェルスダイナミクス」は富を創造する4種類の才能を表す。

「ダイナモ」、「ブレイズ」、「テンポ」そして「スチール」のいずれか。

・創造することが好きな「ダイナモ」

・人とつながることが好きな「ブレイズ」

・人の役に立つことが好きな「テンポ」

・詳細が好きな「スチール」 あなた

「ダイナモ」の人

ダイナモの人は、アイデアマン。

得意なことは、創造。

ダイナモは新しいことを始めて、前進させることができる。

誰よりも未来志向で、「雲の中に頭を突っ込んで(非現実的)」、持ち前の飽きっぽさで成功する。

不得意なことは、物事を完結させること、細かい気配り、集中することなど。

「ブレイズ」の人

ブレイズの人は、社交的な人物。

得意なことは、会話とコミュニケーション。

人間関係、思いやり、そして対話がすべてであり、人との対話、ストーリーを話すこと、聞くことで学び、人脈を広げることで自分のブランドを築き、拡大することを得意とする。

逆に不得意なことは、詳細さ。分析や細かい計算を苦手とする。

「テンポ」の人

テンポの人は、五感に優れた人物で、地に足をつけた多種多様な活動にかかわる。

とても実践的な人で、周りから推薦や紹介を得ることが得意。

期待すべきは時間内に必要なことを完成させること。

逆に、創造的な計画を練ることを期待してはいけない。

革新、人前で話す、戦略的な計画を立てる、物事の全容を把握することは苦手。

「スチール」の人

スチールの人は詳細に強く、理系タイプと言える。

得意なことはずばり「計算」。

ハンドブックやマニュアルが大好きで、細かい部分まで徹底的に読み、全情報を理解することを好む。

腰を据えて物事を正確に処理でき、慌てず、自分のフロー(流れ)を築くシステムを構築できる。

一方、苦手なのはコミュニケーション。

「ウェルス灯台」は、9つのレベルから構成される。

各レベルとは、「被害者」、「生存者」、「労働者」、「プレーヤー」、「パフォーマー」、「指揮者」、「主催者」、「作曲家」そして「レジェンド」とつながっていく。

まずは、最初の3つのステージ「被害者(赤外線レベル)」、「生存者(赤のレベル)」「労働者(オレンジのレベル)」から抜け出し、ステップアップすること。

生きているあらゆるシステムにはフローがある。

私たちの中にもフローがある。

才能、商品、情報、富にいたるまでフローを持っており、このフローが交わると、富が成長していく。

要は現在地と目的地を明確化し、目的地に至る自分なりのプロセスを具体化し、着実に一つひとつ実行してゆけば、確実に目的地までたどり着けつということであろう。

« 経営者のノート/坂本光司 | トップページ | 9割の会社が人事評価制度で失敗する理由/森中謙介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事