« 「考えすぎない」人の考え方/堀田秀吾 | トップページ | 40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法/寺澤伸洋 »

2021年2月18日 (木)

誰もが人を動かせる!/森岡毅

Photo_20210214080901

 リーダーシップを執れるかどうかは、要するに自分が一歩前に出る勇気を持てるかどうか、つまり〝荒馬に乗れるか?〟ということ。

本当の未来は、定まった〝運命〟のようなものではなく、先を見通して受け身で我慢するようなものでもない。

「自分が何を欲するのか?」という主役感で創っていくもの。

自分の意志と選択次第で未来はいかようにも変わる。

「特別な人しかリーダーになれない」という子供の頃から刷り込まれた思い込みは、大人になっても多くの人の中にある。

本書は、その思い込みから目を覚まして、自分の中で〝主役感あふれる毎日〟を手に入れる方法を著者なりに考えてまとめたもの。

実は、リーダーシップは、専門性に限定されず、本来は誰もが発揮することができる「職能横断型」のスキル。

だから、リーダーシップを強くしていくことで、あらゆる職業の人が、それぞれの組織の中でもっと輝くようになる。

リーダーシップの機能を端的に言うと、共同体のために「人を動かすこと」。

グループ全体としてベストに近づくように人々を動かす力。

相手に影響力を行使して、その人を動かして共同体の目的を達成する確率を高める力。

そしてその能力は、特別な運命や能力を背負った〝勇者〟でなくても、僧侶でも魔法使いでも、魔法が使えない戦士でも「言葉」さえ使えれば発揮できるはず。

実は、リーダーシップの強弱は、〝才能〟よりも、その土台となっている〝欲の強さ〟で決まっている。

その人が、どうしても成し遂げたいことがあるかどうかが、すべての始まりであり、何よりも大切。

何が何でも成し遂げたいならば、考えるし、工夫するし、行動する。

リーダーシップが身につけられるかどうかの分岐点は、成し遂げたいことを見つけられるか?に、ほとんど懸かっている。

リーダーシップを身につけるのにもシンプルな法則がある。

それはある〝特定の経験を積むこと〟。

そのためには、リーダーシップを獲得するための原点である「欲」を強く持たねばならない。

強いリーダーシップ能力の獲得は、目的ではなくてあくまで手段にすぎない。

その能力を身につけて何を達成したいのか?

まずは、その目的(≒欲)を明瞭にすることが大事。

リーダーシップが弱い人に典型的に見られる足りないものは、「欲」に加えてもう1つ、それは「行動力」。

「欲」と「行動力」は連鎖している。

すべては自身の覚悟がどれだけ強いか? どれだけ執念深くその目的を追い続けられるのか? そこから始まる。

言い換えれば、「欲(≒夢)」を追求する覚悟の強さそのものが、リーダーシップの〝出力〟の上限値だと思っていい。

パワフルに人を動かすということは、動かす人と、動かされる人という能動受動の関係をつくることではない。

相手に、どうやって自分事として「やらされる」のではなく「やりたい」ことの〝主体〟になってもらうのか?

そこがキモ。

人は自分を本気で信頼してくれる人のために本気になる。

自分を信頼してほしいのであれば、まずは自分から相手を信頼しなくてはならない。

リーダーシップをできるだけシンプルに捉えると、その本質は「人を本気にさせる力」。

人々が達成したくなるワクワクするような未来の完成形を描き出し、それが絵空事ではなく本当に実現できそうだと信じさせる力。

そして、その物語の中でその人ならではの特別な役割を演じられると相手に信じさせる力。

その2つがあれば、目的のために人々が本気になり、仲間になってくれる。

困難な挑戦でも一緒に立ち向かってくれる。

自分が望む未来を本気で欲すること、そしてそのために本気で行動し続けること、王道はこれしかない。

自分の人生という〝荒馬に乗れるか?〟 そもそも〝乗りこなしたいのか?〟

そこに明確な意志を持つところからすべてが始まる。

コロナ禍の今、多くの人がウイルスをその実力以上にのさぼらせてしまっている。

多くの日本人が必要以上に恐れている。

このままでは新型コロナウイルス自体によって失われる生命被害だけでなく、それを端にした〝ほとんど人災〟とも言うべき経済被害によって失われる生命の方がずっと多い事態へ突き進んでいるのではないか。

強い危機感がある。

今こそリーダーシップが求められているのではないだろうか。

« 「考えすぎない」人の考え方/堀田秀吾 | トップページ | 40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法/寺澤伸洋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事